校長メッセージ

2021年12月の記事一覧

2学期終業式講話

 皆さん、おはようございます。2学期も最終日となりました。皆さんにとってどんな2学期だったでしょうか。振り返るとこの2学期は、分散登校から始まりました。9月は午前午後に分かれての登校でした。10月になりようやく緊急事態宣言が解除され、いつもどおり登校できるようになりました。体育祭と文化祭が延期になっていましたが、体育祭は10月下旬に、文化祭は11月上旬に行うことができました。2年生の修学旅行も延期になっていましたが、12月15日、16日に1泊でしたが行うことができました。今年度は学校行事などが、制限された形でしたがやっと行うことができました。以前にもお話ししたことがありますが、この2年間は、当たり前のことができなくなるようなわれわれの生活にとって大変な変化が起こりました。この先もまだどうなるのか、誰も見通せていない状況だと思いますので、今後の社会の変化にも柔軟に対応できるようにしてほしいと思います。新たな変異株ウイルスが日本にも入ってきて広がりを見せています。21日の夕方には県内でも変異株の感染者が出たようです。マスクの着用や換気、昼食時の会話など注意すべきことは変わっていませんので、引き続き感染症防止対策をお願いします。

 話は変わりますが、2学期には所商生の活躍もありました。10月下旬に全商英語スピーチコンテストが行われました。出場生徒は皆がんばっていましたが、その中のひとり、1年生の廣瀬羅碧(ひろせらお)君が1位になり、全国大会に出場となりました。素晴らしい活躍です。1月9日の全国大会もぜひがんばってほしいと思います。

 さて、今日は、ルールやマナーについてお話ししたいと思います。なぜ、ルールやマナーがあるのでしょうか。皆さんには、ぜひとも考えてもらいたいと思います。これまでも全校集会などでお話があったと思いますが、例えば地域の方から電話をいただいたりします。全員の生徒ではないですが、自転車の乗り方、駅やコンビニの利用の仕方についてなどについてお電話をいただくことが多いようです。具体的には、所商生が自転車で横に広がって通っているので車が通りにくくて迷惑だ、生徒がスマホを見ながら自転車に乗っているのでぶつかりそうになった、駅前で大声で騒いでいる所商生がいるというような内容です。これはどういう行為でしょうか。言わなくても分かりますね。迷惑行為や危険な行為です。ルールやマナーを守っていれば、このような迷惑行為や危険な行為ということにはならいないはずです。皆さんだって、嫌なことはされたくないし、危険な目には合いたくないと思います。ですから、自分が嫌なことは他の人にもしない、これは当たり前のことです。それから、ルールやマナーは学校生活の中にもあります。登校時間、他の生徒や先生方へのあいさつ、教室やロッカーへの荷物の置き方、携帯電話の使い方、授業の受け方、昼食の食べ方などいろいろなルールやマナーがあります。

 前回の朝礼のときに、他の人を思いやることについてお話ししたと思いますが、ルールやマナーを守ることは他の人を思いやる、相手のことを考えるということにつながっています。そして、ルールやマナーを守ることは、自分もルールやマナーから守ってもらえることにもなります。つまり、お互いが気持ちよく過ごしていくためにルールやマナーがあるわけです。もう皆さんは高校生ですので、そんなことは言われなくても分かっているという人がほとんどだと思いますが、改めて考えてもらいたいと思います。そして、日頃の自分の行動を今一度振り返ってみてください。できている人は、そのまま続けてもらえれば構いませんし、できていないところがある人はぜひとも直してください。社会に出れば、ルールを守らないと罪になってしまうこともあります。罪になれば刑事的な責任を負わなければなりません。そうなってしまうと人生が台無しになってしまうかもしれません。そうならないためにもルールやマナーを守ることをきちんと意識して、他の人のことを考えて生活をしていってほしいと思います。

 1600年代のイギリスの哲学者「ジョン・ロック」という人は「人が何を考えているかを最も分かる良い方法は、彼らの行動を見ることだ」と言っています。つまり、その人が、どう行動しているかでその人の考えやその人がどういう人かということが分かってしまうということです。私自身も、この言葉を読んで改めて自分の行動には気を付けなければいけないと思いましたが、皆さんにも普段の行動には人となりが表れていることを意識してほしいと思います。皆さんの行動が、所商がどういう学校なのかを表しているのです。

 明日からは冬休みとなります。冬休み中には、クリスマスや年末年始がありますので気持ちが緩みがちになります。こんなときこそ注意を払って、羽目を外さないよう気を付けて生活してください。1月11日の始業式には、皆さんが元気な姿で登校してくれるよう期待しています。