校長メッセージ

2020年2月の記事一覧

2月全校集会校長講話

                                  やるべきことをやる

 早いもので、2月の全校集会を迎えました。皆さんも気づいていると思いますが、3年生が今日から家庭研修に入りました。3月13日の卒業式を含め、あと3回しか登校しません。ということは、今日からここにいる1、2年生諸君が学校生活の中心になるわけです。あと2か月もすれば、2年生諸君が最上級生になり、1年生は2年生になり学校の中心として活躍することを期待されます。また、1年生が入学してきて、君たちは先輩になるわけです。時の流れを感じます。

 時の流れを感じる時に大切なことは、自分自身の成長を客観的に振り返ることです。この1年、時が流れていく中で、自分がどれだけやるべきことができたかを振り返ることが大切です。先月の始業式で私は、好きなこと、やりたいこと興味あることにチャレンジし体験してほしいと話しました。しかし、やりたいことをやるためには、まずやるべきことをちゃんとやらなければなりません。やるべきこともやらないで、やりたいことだけやっていたら、それは単なるわがままであり、成長はありません。やるべきことをやらないで成長はないのです。遅刻をしないで学校に来る。あいさつをする。人の話を聞く。授業をしっかり受ける。宿題や課題をしっかりやる。提出物はちゃんと出す。ちゃんと掃除をする。部活を一生懸命にやる。校則を守る。そういった当たり前のやるべきことをちゃんとやることが大切です。最近、そういった当たり前にやるべきことができていない人が少なからずいると聞いています。そういった人がこの中にいるとしたら、非常に残念なことです。是非、改めてください。

  やるべきことを日々ちゃんとやることで、皆さんは成長し、ちゃんとした2年生、3年生になれるのです。あと2か月、立派な2年生、3年生になれるよう日々やるべきことをしっかりやり、毎日を大切に過ごしてください。