【初任者日記】2人だけのワープロ競技会

こんにちは、校内の初任者研修担当の小島です。

 

先日の放課後、ビジネス会計科に在籍する2年生の生徒とワープロの早打ち3本勝負を行いました。

ワープロの早打ちは、ただ早く打てば良いというものではなく、間違いを出さないよう丁寧に入力することが求められます。丁寧に入力すれば間違いが減ります。間違いが減れば、入力し直す回数を減らすことができ、打数も徐々に伸びていきます。

今回勝負した生徒は、10分間で約1,000文字を入力する生徒です。1年生の時に授業を担当し、廊下ですれ違うたびに「ワープロ勝負しましょう!」「いつ勝負しますか?」「日程を決めましょう」などと話をしていました。そして、やっと先日、二人だけのワープロ競技会を行うことができました。情報処理室のパソコンに二人並んで、10分間×3本の真剣勝負。結果は…3戦3勝で私の勝利。少しエラーが多かったのが悔しかったです。

私は高校時代、情報ビジネス部というビジネス系の部活に所属していました。ワープロ競技会での上位入賞を目標に、部活動に打ち込んでいました。高校時代のことを思い出し、ひさびさに熱くなりました。部活の先輩に教えてもらった「早く打つことではなく、丁寧に打つことを心掛けると良いよ。」というアドバイスは今も胸に刻まれています。

 

ちなみに今は弓道部の顧問をしています。校務が忙しく、放課後等に弓を引く時間を確保できず、弓引きから遠ざかっています。ひさびさに弓も引いてみようかな。

 

さて、今日は本校の初任者2名が行田にある総合教育センターで初任者研修を受講しており、午後は閉講式だそうです。いつまでも初心を忘れずに、教職の仕事に励んで欲しいです。