男子バドミントン部 第43回入間地区大会(団体戦)結果報告

11月7日(日)に行われました、第43回入間地区大会(団体戦)について報告致します。

 

出場選手(敬称略、数字は学年、【 】内は出身中学校です)

加藤②(上藤沢)、内田②(上藤沢)、箱崎②(小手指)、吉川②(武蔵台)

鈴木①(山口)、坂内①(山口)、保谷①(上山口)

 

予選リーグ(21点1ゲームマッチ。左側が本校生徒の得点。【D】はダブルス、【S】はシングルスを表します。)

第一試合 狭山清陵戦(1-2で敗戦)

D1 13-21

S1 21-12

D2 18-21

 

第二試合 西武文理戦(1-2で敗戦)

D1 21-18

S1 17-21

D2 18-21

 

第三試合 所沢西戦(0-3で敗戦)

D1 12-21

S1 12-21

D2 18-21

 

決勝トーナメント

飯能南Ⅰ(0-2で敗戦)

※スコアについては記録を忘れてしまいました。申し訳ありません。

 

【総括】

「勝てる試合を落とし、負けるであろう試合に負けた」、この一言に尽きます。特に予選の狭山清陵、西武文理戦は技術的に大差はありませんでしたが、ここ一番の展開で集中力に欠けるプレーで勝ち星を落としてしまいました。決勝トーナメントに関しては実力的に差がある高校との対戦でしたが、メンタルの弱さが露呈した残念な試合でした。

43年の歴史を誇る入間地区大会で、本校男子史上初の団体戦は一番下の結果となってしまいました。来年は少しでも昇り詰められるように努力して参ります。

今後とも本校男子バドミントン部をよろしくお願い致します。