所沢商業スポーツセミナー

【体育科】思考の体操 その2

 

 皆さん、こんにちは。昨日の【体育科】思考の体操 は、どうでしたか?

 まだトークテーマについて、話し合いが出来ていないのであれば、

 是非、周りの人と連絡を取って見てください。様々な意見を交わしてみましょう。

 

 運動部・文化部限らず、大会実施となれば…不謹慎だ!ブラックだ!

 無ければ無いで…可哀そうだ!やってあげて!

 答えはありませんし、開催「基準」は、わかりません。

 9月以降の大会も実施について、検討が始まっています。

 見えない不安がたくさんあると思いますが、わかっていることがあります。

 部活動を「頑張っている人」がいて、それを「応援している人」がいて、

 頑張っている人たちを「見ている人」がいることです。

 きっと皆さんもどれかに当てはまります。

 保健の教科書は、持っていますか?p162~163を開いてみてください。

 運動に関してですが、我々のスポーツライフスタイルには様々なタイプがあります。

 「する」「みる」「支える」「調べる」の4つです。

 インターハイの開催で考えれば…

 「する」:出場選手

 「みる」:それを応援する人

 「支える」:大会ボランティア(開催地の学生ボランティアが1年以上前から準備を進めます)

 開会式では、吹奏楽、演劇、ダンスなど文化部の支えも必要になります。

 「調べる」:大会記録や試合結果をみたり、こういった形で知ったりする

 スポーツと健康が密接に関わっていることを再認識し、自分に合ったスポーツライフを考えていきましょう。

 スポーツ嫌い!苦手!って人もちょっと考えてみましょう。※そんな人は、これ見てないか。

  

 さて、本日のトークテーマは、

 「ステイホーム週間中に、ゴールデンウィークをどう過ごすか?」

 「ステイホーム週間中に、運動不足にならないようにどう過ごすか?」

 沖縄旅行の予定がある…パチンコ店にいく…などニュースで見受けられますね。

 保健の教科書p10~11を参考に、

 皆さんの「意思決定・行動選択」について話し合ってみましょう!

 

 見せよう!スポーツの力!