所沢商業スポーツセミナー

【体育科】思考の体操 その4

皆さん、こんにちは。

前回のトークテーマ

「ステイホーム期間中(休校中)、どんな“おうち時間”を過ごし、ストレスと向き合っていくか」

話し合うことはできたでしょうか。 

 

禁止ではなく、自粛要請の中、日本人の国民性もあり多くの地域で人の流れが大幅に減少しました。

最近は、「3密は避けましょう」だったのが、「1密でもダメ」、

散歩やランニングなど外で身体を動かすことすらも、自粛しましょうと捉えられるニュアンスになっています。

私たちのストレスは、募る一方です。

 

そもそもストレスとは、外からの何かしらの刺激(ストレッサー)によって感じるものです。

たとえば、お化け屋敷で「怖い」と思えば、心臓がドキドキしてくる。(脳にストレス→身体に影響)

これは、脳からの指令で神経系に伝達されて、心拍数が上昇したり汗をかいたりするわけです。

ストレスと聞くと苦しいこと辛いこと嫌なことを考えがちですが、適度なストレスは心身に良い影響も与えます。

頭で考える・身体に刺激を与えるストレッサーは、健康状態をよくしていくきっかけになります。

ストレスの原因に対処し、その時の環境や状況にあった捉え方を適切に判断して、

ストレス軽減に取り組むととが大切です。

皆それぞれ、ストレス発散の形は違いますよね。自分に合う発散方法を見つけてみましょう。

かと言って、好きな事をずっと続けることはかえってストレスの原因になるかもしれません。 

ストレス発散とは、気分転換です。一つにこだわらず、複数あるといろいろと選べて楽しいかもしれませんね。

保健の教科書p38~47をもう一度見返して、ストレスについて学んでみましょう。

 

※目標達成でストレス発散!チェレンジ系トレーニングアプリ

30日間フィットネスチャレンジ(iPhone) アンドロイド版もあります。

 

さて、大型連休も終わり、多くの社会人が仕事を再開しました。

テレワークが続く企業もあれば、出勤し仕事をしなくてはならない人もいます。

今朝のニュースでも、多くの方々が、通勤電車を利用している姿が放送されていました。

経済状況の早急な回復も、とても大切な事です。

そこで本日のトークテーマは、

「特別定額給付金の10万円、あなたなら何に使いますか?」です。

商業高校生として、深く考えてみましょう。 

 

また、広い視点で考えてみるためにも、

保健の教科書p68~69、p74~p79を参考にしても良いかと思います。

この事態により、私たちの生活は大きく変化します。「これからの自分たち」について話し合ってみましょう。

 

※「スポーツセミナー アンケート」本日まで実施しています!

認証コード【taiiku20200501】

ご協力よろしくお願いいたします。

 

見せよう!スポーツの力!