校長メッセージ

令和2年度3学期終業式校長講話

                         思いやりある人に

皆さん、おはようございます。

 今日で令和2年度が終わります。この1年を振り返ってみると、本当に我慢することの多い大変な1年だったと思います。昨年3月から約3ヵ月も続いた臨時休業。1年生の皆さんにとっては、入学式に出席して以来、約2ヵ月学校が始まらず、高校生になった自覚や喜びも感じられないまま6月を迎え、突然高校生活が始まったという感覚だったでしょう。高校生としての心の準備もままならなかったと思います。その後の学校生活も我慢と不自由の連続でした。文化祭や体育祭も中止、部活動もかなり制限されました。そして何と言っても修学旅行の中止。2年生の皆さんは、本当に悔しい思いをしたと思います。そんなこれまで当たり前にできていたことができなかった制約と我慢の1年が今日で終わります。学校行事の形も変わりました。放送での始業式や終業式もすっかり定着してしまいました。

 この1年間、校長として始業式、終業式でいろいろ話をしてきました。ちょっと振り返ってみたいと思います。1学期の終業式には「コロナに打ち勝て」という話をしました。コロナのせいにしないで今やるべきことをしっかりやって、将来「コロナのおかげで今の自分がある」と言えるようにしてほしいと話しました。

  2学期の始業式には「ありがとう」という言葉の力、大切さについて話しました。終業式には「高校生らしさ」とは何か、「真面目さと素直さ」ではないかという話をしました。

 そして3学期の始業式では、アフターコロナの世界、エネルギーの大転換を図り脱炭素社会を目指す「グリーン・リカバリー」についてお話ししました。

 そして今日は今年度、最後の校長講話です。とってもシンプルで身近なこと、だけどとても大切なことをお話したいと思います。それは、「思いやりを持つ」ということです。思いやりのある優しい人間になってほしいということです。

 私は思いやりを持って接する対象は3つあると思っています。1つ目は「自分」2つ目は「周りの人」そして3つめは「社会」です。

 まずは自分。自分に対して思いやりを持って接してください。疲れている時、心が苦しい時、辛い時、無理しないでください。思いやりをもって自分の心と体を見つめ、そして対話をしてください。時には心と体を休めてほしいと思います。また何かいやなことがあった時、諦めたり自暴自棄になるのではなく、心を鎮め静かに1度立ち止まってください。そして丁寧に冷静にそのことに対処してほしいと思います。怒りや諦めは決して皆さんの生活を豊かにするものではありません。

 次に周りの人。悩んだり悲しんでいる人がいたら、そっと寄り添ってください。話を聞いてあげてください。一緒に悲しんであげてください。家族の誰かが忙しそうにしていたら何かできることを見つけて手伝ってください。白杖をついて歩いている人を見かけたら勇気を持って声をかけてください。皆さんが思いやりを持って笑顔でいれば周りの人も笑顔になります。そして、周りの人の心が穏やかになれば皆さんの心も穏やかになります。

 そして最後は社会。社会に思いやりを持って行動していますか。ゴミの分別をちゃんとやっていますか?電気や水を無駄に使っていませんか?献血をしたことがありますか?何かボランティア活動はしていますか?若い皆さんには思いやりの心を持てば社会のために今できることがたくさんあります。

 自分に、周りの人に、そして社会に思いやりを持つ。是非、心に留めて実践してください。もう少し続くコロナ禍の世の中には特に大切だと思います。そしてそのことが、みなさんの生活、人生を豊かで楽しいものにしてくれます。思いやりのある優しい人になってください。

 最後に4月はもうすぐです。4月になると2年生は最上級生、1年生は学校の中心的存在である2年生になります。そしていよいよ後輩が入学してきます。新年度の準備をしっかりしてください。今自分ができること、しなければならないことをコツコツと実行してください。もうしばらく我慢の日々が続くと思いますが、正しいやり方で行えば少しずつやれることが増えていくと思います。もし状況が許せば始業式は、体育館にみんなで集まれればと思います。希望を持って新年度を迎えてください。4月8日、元気に登校してください。