日誌

防災訓練をおこないました。

 本日、所沢市中央消防署三ケ島分署のご協力のもと、地震発生とそれに伴う火災を想定した防災訓練を実施しました。

 生徒は、地震発生の放送を聴き、各クラスごとに速やかにグラウンドへ避難しました。避難終了後、教頭先生による講評、所沢市中央消防署三ケ島分署の方の講評、消火器の使用方法の説明、消火訓練をおこないました。いただいたお話のなかに、「私語が多いことが気になる」という指摘があり、緊急時では指示が聞こえないことが非常に危険であることをお話していただきました。普段の学校生活から気を付けてほしいと思います。

 消火訓練では、生徒と教員の代表者が水の出る消火器を使用し、消火活動のデモンストレーションをおこないました。なかなかできない経験であり、実際に消火活動をした生徒も、活動を見ていた生徒も勉強になったのではないでしょうか。

 いつ災害が発生しても落ち着いた行動ができるように、今日の防災訓練を良い経験にしてほしいと思います。

 

所沢市中央消防署三ケ島分署の方の講評 消火器の使用方法の説明 消火器の使用方法の説明

消火訓練 消火訓練 消火訓練