日誌

1ツ星 1-5ビジネス基礎で、グループ学習の授業を実施

  5限のビジネス基礎の授業で、「知識構成型ジグソー法」を活用した生徒主体の授業を行いました。

  生徒同士で話し合い、与えられた課題について答えを出していく授業でした。与えられた課題は、「どこにコンビニを出店するか」で、どこにするかを判断するために、「ドミナント出店方式」・「商圏」・「周辺の環境」という3つの資料を用いて答えを考えました。

 生徒は、グループ内で積極的に話し合い、どこに出店するかを真剣に話し合っていました。

 

  

  

  

〈授業の様子〉