『学力の向上に関する取組』

学力向上に関する取組

朝学習

 基礎学力向上のため、「朝学習(自学自習)」に取り組んでいます。
 日々の授業の基本となるだけではなく、上級学校への「進学・就職(公務員)」の選考などさまざまな機会で試されることになります。
高校入学以前の学習内容に不安があったとしても、振り返りを行い、確実に基礎固めを行っています。

スキルアップ講座(日商簿記2級)

 今夏もスキルアップ講座(5日間)が始まりました。
 今年の生徒も意欲的に参加し、30名弱が受講しています。

 今回の講座をステップとして、秋の日商簿記2級検定に合格してもらいたいものです。
 今年も専門学校講師の先生によるわかりやすい授業で集中して取り組んでいました。

(日商簿記2級講座)

少人数授業(国数社理英)

 本校では学力向上に関する取り組みとして、「少人数授業」を行っています。
 1年次主要5教科(国数英理社)では、通常1クラス40名程度のところを、1学年の6クラスを8クラス展開にして、30名程度で授業を展開しています。
 このことにより、教員の目が生徒一人ひとりに届き、きめこまかな指導が可能となり、授業の効果が上がっています。クラス分けは国際流通科、ビジネス会計科、情報処理科の3学科混合で展開していますので、他学科クラスとも交流することができます。

日商簿記2級対策の補習

 6月12日(日)には日商簿記2級(日本商工会議所簿記検定)の検定試験が行われます。
 日商簿記2級を取得すれば就職の際に自身をアピールする材料として活用することができます。また上級学校の推薦等の要件にもなっています。
 日商2級を受験する生徒向けに、5月から古野教諭が補習を行っています。その様子を撮ってきました。




 試験当日がんばって!

商業特訓

本日12月17日(木)~12月21日(月)にかけて、今年も商業特訓が始まりました。
商業特訓とは、本校の名物で各種検定の合格に向けた特別な授業期間です。


1月から2月には、全商簿記実務検定や情報処理検定、商業経済検定や日商簿記検定など、たくさんの検定があります。
冬休み直前のこの時期に集中的に検定対策の授業を行い、各科目の理解度を深め、検定の合格を目指します。