所沢商業スポーツセミナー

臨時開設『所沢商業スポーツセミナー』

「体育科」動画配信のお知らせ

皆さん、こんにちは!

先日、39県における緊急事態宣言の解除が発表されましたね。しかしながら埼玉県は引き続き緊急事態宣言の対象地域として外出自粛が要請されています。

 

最近「新しい生活様式」という言葉をよく耳にするようになりました。「オンライン」や「テレワーク」といった、今まで馴染みなのかったものが急速に我々の生活に進出してきていますね。

 

さて、埼玉県はYouTubeに「新 彩の国 体つくりチャレンジプログラム」の配信をスタートしました。学校でも「動画を活用した学習」という「新しい生活様式」が始まってきていますね。

 

◆「中学校・高等学校版 ステップアッププログラム」 YouTube

 休校期間中の運動機会確保や体力向上のために、お家で出来る運動例が紹介されています。興味がある人はぜひ活用してみてください。(短時間の運動ですが、きちんとやると結構キツイので、毎日の運動にピッタリだと思います。)

 

見せよう!スポーツの力!

0

【体育科】課題について

 

 皆さん、学校からの各教科課題は届きましたか?

 学校再開まで、準備体操だと思って毎日コツコツ取り組んでみましょう!

 

 さて、体育科からの「STAYHAME&SPORTS」は届いてますか?

 ↓↓↓ こちらを参考に、身体を整えていきましょう!

  

  

 ※課題の補足 

 ランニングは「Nike Run Club」を使用しています。

 様々なランニングトレーニングが楽しめます。

 個人的に38分・インターバルランは地獄ですが、終わった後の達成感が気持ちよいです。

 

 トレーニングは「Nike Training Club」を使用しています。

 短い時間のトレーニングやストレッチのメニューがあるので、家の中でも出来きます。

 

 ストレッチは、所沢商業体育科のHPで紹介されている「アキレス腱ストレッチ」をやっています。

 最近スポーツトレーナーの方に、”アキレス腱が硬くなってますよ” ”このままだと、いつかアキレス腱切りますよ”と言われていたので、これを機に改善します!

 

 見せよう!スポーツの力!

0

【体育科】思考の体操 その4+α

皆さん、こんにちは。

前回のトークテーマ

「特別定額給付金の10万円、あなたなら何に使いますか?」

話し合うことは、できたでしょうか。 

 

さて、皆さんは特別定額給付金を何に使いますか?

生活用品を買うため?

食事やレジャー関係?

進路や学習関係?

家族のため(家庭)ため?

優先順位を考えて、有効活用してみてください。

 

今は使わず、貯めるという人もいるかと思います。

目の前に物があると、ついつい使ってしまいます。

ましてや、お金となると…

 

こんな考え方はどうでしょうか?

この給付金は「もともと手元に無い物」

もともと無かった物だから、商品を買い、経済活動を促すのも良いでしょう。

この2カ月間、頑張った自分に何か投資しようとするのも良いでしょう。

半分残して、必要な時まで我慢するのも良いでしょう。

「いつ」「何に使うか」をじっくり考えることも大切です。

 

こと、健康に関して考えてみましょう。

保健の教科書p8、WHO憲章によると

「健康とは、身体的、精神的、社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない」

と、定義されています。

身体と精神は何となくわかる気がするが、社会的な健康って…?

学校などで勉強する、仕事に就き任された職務に対し一生懸命働く、友人や地域とかかわりを持っていくなど、

皆さんの生活・暮らしが、健康に大きく影響しているということです。

今のコロナ状況は、学校や仕事が通常通りではなく、買い物もできない友人とも遊べないなどの社会的な不健康とも言えます。

心身への影響は、皆さんが身をもって感じていますよね?

 

こういったことを踏まえると、健康についてお金を使うとはどういうことか。

精神安定のために、趣味などに使用する。

身体のために、トレーニングシューズを買ってみる。

社会的健康のために、勉強道具をそろえたり、仕事のやる気が出るような便利なアイテムを買ってみたりする。

それだけではありません。

いつ何時やってくるかわからない危機的状況のために、マスクや薬を常備してくことや、

防災グッズの購入などに使用しても良いですよね。

また、病気に罹った時、かかりつけ医に受診するのも良いですが、

別の医療機関で専門家に意見を求めたりするための費用にする。(セカンド・オピニオン)

90~100歳まで寿命が延びると考え、老後の資金つくりに、

ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)などを活用してみるなど、様々な使用方法があります。

 

健康への出費は、暮らしの中でとても大きな出費です。

給付金使用「いつ」が今の人も、 これからだと考えている人も、

どんなタイミングでも、それは健康に出費していると言えるでしょう。

健康について、様々な視点で物事を考えていきましょう!

 

時機に、皆さんの家庭に学校からの課題が届きます。

学校再開まで、地道にやっていきましょう。

保健の教科書を熟読することも忘れずに!

 

見せよう!スポーツの力!

0

【体育科】思考の体操 その4

皆さん、こんにちは。

前回のトークテーマ

「ステイホーム期間中(休校中)、どんな“おうち時間”を過ごし、ストレスと向き合っていくか」

話し合うことはできたでしょうか。 

 

禁止ではなく、自粛要請の中、日本人の国民性もあり多くの地域で人の流れが大幅に減少しました。

最近は、「3密は避けましょう」だったのが、「1密でもダメ」、

散歩やランニングなど外で身体を動かすことすらも、自粛しましょうと捉えられるニュアンスになっています。

私たちのストレスは、募る一方です。

 

そもそもストレスとは、外からの何かしらの刺激(ストレッサー)によって感じるものです。

たとえば、お化け屋敷で「怖い」と思えば、心臓がドキドキしてくる。(脳にストレス→身体に影響)

これは、脳からの指令で神経系に伝達されて、心拍数が上昇したり汗をかいたりするわけです。

ストレスと聞くと苦しいこと辛いこと嫌なことを考えがちですが、適度なストレスは心身に良い影響も与えます。

頭で考える・身体に刺激を与えるストレッサーは、健康状態をよくしていくきっかけになります。

ストレスの原因に対処し、その時の環境や状況にあった捉え方を適切に判断して、

ストレス軽減に取り組むととが大切です。

皆それぞれ、ストレス発散の形は違いますよね。自分に合う発散方法を見つけてみましょう。

かと言って、好きな事をずっと続けることはかえってストレスの原因になるかもしれません。 

ストレス発散とは、気分転換です。一つにこだわらず、複数あるといろいろと選べて楽しいかもしれませんね。

保健の教科書p38~47をもう一度見返して、ストレスについて学んでみましょう。

 

※目標達成でストレス発散!チェレンジ系トレーニングアプリ

30日間フィットネスチャレンジ(iPhone) アンドロイド版もあります。

 

さて、大型連休も終わり、多くの社会人が仕事を再開しました。

テレワークが続く企業もあれば、出勤し仕事をしなくてはならない人もいます。

今朝のニュースでも、多くの方々が、通勤電車を利用している姿が放送されていました。

経済状況の早急な回復も、とても大切な事です。

そこで本日のトークテーマは、

「特別定額給付金の10万円、あなたなら何に使いますか?」です。

商業高校生として、深く考えてみましょう。 

 

また、広い視点で考えてみるためにも、

保健の教科書p68~69、p74~p79を参考にしても良いかと思います。

この事態により、私たちの生活は大きく変化します。「これからの自分たち」について話し合ってみましょう。

 

※「スポーツセミナー アンケート」本日まで実施しています!

認証コード【taiiku20200501】

ご協力よろしくお願いいたします。

 

見せよう!スポーツの力!

0

【体育科】思考の体操 その3

 

皆さん、こんにちは。

先日の【体育科】思考の体操その2はどうでしたか?

まだその1、その2のトークテーマについて、話し合いができていないのであれば、

是非、周りの人と連絡を取り、様々な意見を交わしてみましょう。

人の意見を聞くと、また新たな自分の考えが発見できるかもしれませんよ。

  

 

埼玉県では、ゴールデンウィーク中の外出自粛が強くお願いされています。

また、県立学校は5月末まで休校が延長しました。

そんな中で自分たちはゴールデンウィーク期間をどう過ごすか、

運動不足にならないためにはどうするかを話し合ってくれたでしょうか。

話し合いはしていなくても、この体育科の記事を読んで、

少しでもこの件について考えてくれた人はいるのではないでしょうか。

まずは、考えることが大事です。

 

たくさんの芸能人やアスリート、アーティストたちが

様々な“おうち時間”をSNS等で発信しています。

この方たちは芸能人として、アスリートとして、アーティストとして

自分たちはファンの方や国民の方に対して何ができるのか、

今するべきことは何なのかを考え、行動に移し発信しているのだと思います。

これも1つの「意志決定・行動選択」ではないでしょうか。

 

まずは考えることが大事と書きましたが、皆さんは考えたあと行動に移せているでしょうか。

行動が制限されてしまう中で難しいかもしれませんが、その中でもできることはあります。

行動したことで失敗するかもしれない。

でも、物事には失敗はつきものです。

また改めて考え、計画し直して、実施・行動してみましょう。

この意志決定・行動選択の考え方に関しては、

保健の教科書p10~p11を参考にしてみてください。

 

 

さて、先ほども述べましたが、休校が5月末まで延長されました。

様々な思いで過ごし、ストレスが溜まっている人もいるのではないでしょうか。

そこで本日のトークテーマは、

「ステイホーム期間中(休校中)、どんな“おうち時間”を過ごし、ストレスと向き合っていくか」です。

 

保健の教科書p38~p47を参考に、

皆さんの「ストレスとの向き合い方」について話し合ってみましょう。

 

また、「スポーツセミナー アンケート 」を実施しています

認証コード【taiiku20200501】

ご協力よろしくお願いいたします。(~5月7日17時まで)

 

見せよう!スポーツの力!

0