日誌

所商ソフト部練習日誌

西部支部大会(ソフト部)

みなさんこんにちは。

8月19日、24日に大会が行われましたので報告します。

初日は、山村学園に敗戦しましたが西武台高校に勝利し、準決勝リーグに進むこととなりました。

24日は入間向陽高校、新座柳瀬高校と対戦し残念ながら2試合とも敗戦し、今大会は終了となりました。

勝った試合も含めてですが、いろんな場面でミスが多く、また長い試合時間で集中力が持たなかったように感じます。まだまだ改善点が多いですが、11月の大会に向け努力し続けたいと思います。

 

雨雨雨(ソフト部)

みなさんこんにちは。連日の照り付ける日差しや、40℃近い気温などから苦しい日々が続いていましたが、一変して雨が続く日々となりました。雨天時は室内で基礎練習や、筋トレなどを行っています。

さて、先日8月6日に所沢中央高校と11日に合同チーム(所沢西、飯能南、朝霞西)と練習試合を行いました。

6日の試合では、暑さで集中力が切れ、エラーをして守備の時間が長くなり、暑さで集中力が切れる。この悪循環が出た試合でした。

11日の試合では、なかなかランナーを返すことができない試合になりました。状況に応じて対応できるように努力していかなければと感じました。

様々な改善点を克服できるように、取り組んでいきたいです。

 

猛暑(ソフト部)

みなさんこんにちは。毎日暑い日が続いていますね。グラウンドでの練習は、暑いどころか溶けてしまいそうなぐらいです。40℃近い最高気温が予想されているところもあり、熱中症には十分注意して活動しております。

先日7月22日に新座柳瀬高校、26日に入間向陽高校と練習試合を行いました。どちらも2試合ずつ行い、3勝1敗の成績でした。

新チームになって初めての試合となり、幸先よくスタートすることができました。しかし、課題も多くさらに上を目指していくために努力を惜しまず取り組んでいきたいと思います。

緊急事態宣言も発令され、大変な状況が続きますが、ポジティブに取り組んでいきたいと思います。

 

夏休み

 7月21日(水)より、所沢商業高校は夏休みになりました。夏休み中の練習は、午前中に行っています。また、練習試合や大会もあり、忙しい時期となります。梅雨も明け猛暑が続いていますがどんな練習でも笑顔でポジティブに取り組んでいます。

 オリンピックも始まり、ソフトボールは今注目を浴びています。ぜひ体験入学や説明会のさいにはグラウンドにご注目ください。わいわいにぎやかなので、グラウンドを見ればすぐに分かると思います。

 

 何かご質問等ありましたら顧問の片桐までご連絡ください。

ゴールとスタート

 先日6月12日(土)に学校総合体育大会が行われました。

 所商9 - 16×西部合同2

 初回に四球や長打を含め7点を先制し、2回にも足をからめて1点追加して良い展開になりました。しかし、相手にも1回2回と得点を重ねられ、4回に一挙に逆転されました。そのあとも粘りを見せましたが、6回3点を追加され、最終回の攻撃まで行けずに試合終了となってしましました。

 残念な試合でしたが、メンタルやスタミナを含め、全てにおいてまだまだ努力する必要があると感じる試合でした。

 この試合で3年生2名が引退しました。コロナの影響を直に受けた代となりましたが、3年間一生懸命に頑張ってくれたと思います。

 

 残された12名での新チームは先輩たちの意思を引き継ぎ、全員で協力し、考えながら、最高の成績が残せるように頑張ってもらいたいです。