校長メッセージ

校長先生の部屋へようこそ!

11月朝礼校長講話

「〇〇のはずだ」のワナ

 

 みなさん、おはようございます。

 早いもので11月になりました。10月は色々なことがありました。特に台風19号や10月25日の豪雨では県内でも川が氾濫し、多くの人々が被災しました。被災された方々には、一日も早く元通りの生活に戻れるよう祈りたいと思います。11月は穏やかな月になってほしいと思います。

 また、10月には大変、嬉しいニュースもたくさんありました。その1つとして、ノーベル化学賞に吉野彰さんが、リチウムイオン電池の発明者の1人として受賞したことです。我々日本人にとって、大変嬉しい勇気づけられるニュースでした。

 しかし今日は、ノーベル経済学賞の話をしたいと思います。日本ではあまり報道されませんでしたが、今年のノーベル経済学賞は、マサチューセッツ工科大学のアビジット・バナジー教授、エスター・デュフロ教授、そしてハーバード大学のマイケル・クレマー教授の共同受賞でした。この3人は、発展途上国での貧困問題について、実証実験によって具体的な解決策を示したことが評価されました。

 これまでにも、貧困問題に関する研究でノーベル経済学賞を受賞した研究者はいますが、この3人が最も画期的だったことは、「ランダム化比較試験」という手法を取り入れたことです。この「ランダム化比較試験」というのは、医薬品開発での動物実験などで使われる試験です。具体的に言うと、ある薬を与えた集団と与えない集団とで、どういう違った結果が出るか客観的に実験する方法です。これを貧困問題の解決に応用したのです。

 この手法を貧困対策に応用すると、例えば子供たちが、なかなか学校に通うことのできない貧しい村で、ただで給食を提供するグループと、そうでないグループを比較し、どちらのグループでより多くの子供たちが学校に通うようになるか、という実験を実際に行って、その結果を比較、検証するということです。

  3人の受賞者は、このような試験を多く実施することで、とても興味深い結果が得ました。例えば寄生虫を駆除するための薬を配ったり、親に教育の大切さを教育するほうが、お金や制服を配るより学校に通う子供の数が圧倒的に増えたということが、ケニアの小学校での実験で明らかになりました。これは意外ですよね。お金や制服、教科書を与えるほうが学校に行く子どもが増えるように思いますよね。しかし実験の結果はその反対でした。

 これまでの発展途上国への援助や貧困対策は、「こうすればこうなるはずだ」という思い込みが我々先進国すなわち与える側にありがちでした。「お金や物を、たくさん援助してあげれば、貧困は減るはずだ。減らないとしたら、その国の政府が悪いか、その国の人々が怠け者なのだ。」などと与える側である私たちの傲慢な態度も、しばしば途上国援助の分野では見られました。しかし、この3人は実験の結果を通して、エビデンス、すなわち科学的根拠を世界に示したのです。思い込みでなく「こういう実験をしたらこういう結果が出ましたよ。」と世界に示したのです。この功績は、これからの途上国援助、貧困対策の改善に大きな影響を与えていくと思います。

 このことを通して皆さんに伝えたいことは2つあります。一つ目は、思い込みではなくエビデンス、科学的根拠をもとに物事を判断してほしいということです。例えば、皆さんが将来、お店を経営するとします。商品に消費税込みの価格を表示するか、消費税抜きの価格を表示するか決めなければなりません。どうしますか?多くの人が、「消費税込みの方がわかりやすくていいや」と思うかもしれません。しかし実は、アメリカのある研究者がこの「ランダム化比較試験」を活用して「消費税などの税の表示が販売にどう影響するか」という実験をしました。その結果は「税込みで表示すると税抜き表示の場合に比べ8%売り上げが下がる」というものです。つまり税抜き表示のほうが売れるという結果が出たのです。

 今や、この「ランダム化比較試験」は行動経済学をはじめ、多くの分野で活用されています。皆さんの中にも将来、大学で経済学や経営学を学ぼうと考えている人もいると思います。是非、実証実験によるエビデンス、科学的根拠を大切にする人になってください。

 ふたつめは、世の中であまりニュースにならないことも注目してほしいということです。ノーベル化学賞の吉野さんは大きく報道されましたが、ノーベル経済学賞は、日本ではほとんどニュースになりませんでした。しかし今回の授与は長いノーベル経済学賞の歴史にとって画期的な出来事です。また今後の経済学全体の方向性も大きく変える受賞であると言っていいと思います。

 世の中には情報が溢れています。テレビは勿論、ネットやSNSなど様々な媒体からニュースを得ることができます。しかし、意外と偏った情報が多いのです。ものすごく大切なニュースが日本では報道されないことも多くあります。是非、アンテナを高くし、自分の興味・関心・感性にピピっとくる情報を敏感にキャッチしてほしいと思います。

 これから秋が深まり、過ごしやすい季節がやってきます。3年生諸君は進路が決まっていく人が増えていくと思います。しっかりアンテナを高くして、自分にとって必要な情報をキャッチし、卒業後に向けて、今から準備を始めてください。

 

10月朝礼校長講話

異なるものへのリスペクト
 
 早いもので10月になりました。こらからいよいよ秋が深まってきます。秋と言えば、「実りの秋」という言葉があります。これまで、精魂を込めて育ててきた作物が実を結び収穫の時期を迎えるという意味です。

 これは君たちの所商生活でも言えることです。春から勉強、部活、学校行事と様々な場面で努力してきたことがいよいよ実を結ぶ、目標にしてきたことの結果が出る季節です。特に3年生諸君にとっては、3年間、コツコツと努力してきたことが実を結ぶ時です。それぞれにとって実り多き2学期になるよう努力してください。

 さて、いよいよラグビーワールドカップが始まりました。日本は初戦、ロシアに勝ち、優勝候補のアイルランドにも見事に勝利し、日本中がにわかに盛り上がっています。11月2日までの大会中、日本全国の12の開催都市で試合が行われ、これまでになかったラグビーに対する注目と盛り上がりを目の当たりにしています。また、この大会を観戦するため40万から50万人の人々が海外からやってきます。所沢市の人口が34万人ですから所沢市の人口より多い人々が日本にやってきます。とてもワクワクする1か月ですね。

 ところでみなさん、今回の日本代表には何人の外国出身の選手がいるか知っていますか。31人中15人です。なんと約半分が外国人選手です。日本代表チームの半分が外国人ということに違和感を持つ人は世の中にはいるようです。ネット上を見ると結構、批判的な意見も見られます。たしかに他のスポーツではあまりないですよね。調べてみたのですが、サッカー、野球(WBC)、バスケットボールなどの日本で人気のあるスポーツのほとんどの日本代表選手の条件には日本国籍を持っていることとありました。

 しかしラグビーの代表選手の条件は大変ゆるく国籍は要件ではありません。日本に継続して3年以上住んでいれば日本代表選手になれます。これはラグビー独特のルールで、その理由はラグビーの普及の歴史にあります。ラグビー発祥の国であるイギリスが世界中に植民地を持っていましたが、イギリスは植民地や元植民地中心にラグビーを広めていきました。そしてイギリス人はどこの国に行ってもその国の代表になれるようルールを決めたことがこの独特なルールの由来です。ですから日本だけでなく今回のワールドカップに参加している国のチームのほとんどが10人程度の外国出身選手を抱えています。ラグビーでは普通のことなのです。キャプテンのリーチ・マイケルもトンプソン・ルークも自分を育ててくれた日本のため、桜のジャージのために長年にわたり、体を張ってくれています。

 私はこのラグビーの文化が好きです。また、これからの日本の社会に根付いてほしい文化だと思っています。そしてこれからの日本の社会の在り方を示しているように感じます。前にもお話しましたが、これからの日本の社会は、日本人だけでは成り立たなくなります。我々が直面している深刻な人手不足が解消されなければ、これまでのような豊かな社会を持続することはできません。外国人の手を借りないと乗り越えられないのが現実です。日本に働きに来る外国人は、勿論、自分のため、祖国の家族のために働きに来るのでしょうけど、我々からすれば彼らは日本の社会を持続させるために働いてくれているのです。

 外国人との共生は、お互いの文化、習慣を理解し尊重することから始まります。今回のワールドカップで多くの外国のチームが試合後に観客にお辞儀をする姿が話題になっています。オールブラックスが始めたようですが、彼らは日本の観客の声援とおもてなしへの感謝を日本のお辞儀という形で敬意とともに伝えたいと言っていました。また日本では、まだ受け入れられない、タトゥーについても外国の選手は試合以外の場所ではなるべく隠すようにしているそうです。サモアの主将ジャック・ラム選手がこんなことを言っています。「タトゥーは僕たちの文化に根付いている。しかし日本は違う。僕たちは日本にいる。日本の文化に敬意を払わなければいけない」

 日本に来る外国人は日本の文化・風習を理解し尊重する。日本人は外国の文化・風習・宗教などを理解し配慮して受け入れる。これこそがこれからの日本が目指す多文化共生社会に必要な文化ではないかと思います。

それでは、皆さん、それぞれにとって実り多き2学期になることを祈っています。

2学期始業式校長講話

スポコン?

 おはようございます。まずは、大きな事故もなく、皆さんが元気に今日、登校してくれたことを大変嬉しく思います。

 さて、今日から2学期がスタートします。2学期は、文化祭や体育祭、また2年生諸君の修学旅行など学校行事が盛沢山です。各部活動も、2年生中心の新しい体制で、日々頑張っていると思います。学校の外を見てみると、いよいよアジアで初めて開催されるラグビーワールドカップが9月20日から始まります。その他、現在中国で開催されているバスケットボールのワールドカップをはじめ、様々なスポーツの世界的な大会が開催され、来年の夏の東京オリンピック・パラリンピックに繋がっていきます。この秋から来年の夏までもしかしたら一生で一度しか体験できないようなスポーツのビッグイベントが、つぎつぎと開催されるわけです。

 ところで、皆さんはスポーツに関する法律があるのを知っていますか?それはスポーツ基本法という法律です。スポーツ基本法は平成23年に成立した法律で、それまでの学校教育などを通じてスポーツの普及を目指すスポーツ振興法を全面的に改訂したものです。この法律では、国民生活におけるスポーツの重要性に触れ、スポーツ立国の実現をめざすと謳われています。

 この法律には前文があり、その最初の一行にこの法律のスポーツに対する理念が書かれてあります。それは、「スポーツは、世界共通の人類の文化である。」ということです。そして、「スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことは、全ての人々の権利であり、全ての国民がその自発性の下に、各々の関心、適性等に応じて、安全かつ公正な環境の下で日常的にスポーツに親しみ、スポーツを楽しみ、又はスポーツを支える活動に参画することのできる機会が確保されなければならない。」とすべての人にスポーツを楽しむ権利を認めた「スポーツ権」を謳っています。また、「スポーツは、次代を担う青少年の体力を向上させるとともに、他者を尊重しこれと協同する精神、公正さと規律を尊ぶ態度や克己心を培い、実践的な思考力や判断力を育む等人格の形成に大きな影響を及ぼすものである。」とあります。ようするにルールとフェアプレイの精神を守り、勝敗にかかわらず他者を尊重する態度が基本姿勢であるとこの法律は定めています。

 ところで皆さんは「スポ根」という言葉を知っていますか?スポーツに根性の根を合わせた言葉です。精神論を振りかざし、非科学的な過酷な練習をして、不屈の闘志と根性で乗り越えていくことに価値を置く世界です。私が高校生の頃は、まさしくスポ根の時代でした。テレビドラマや漫画の世界もスポ根ものが人気でした。皆さんは知らないと思いますが「アタックナンバーワン」や「巨人の星」「柔道一直線」などがその代表作です。実際、私の経験でも部活動では、練習中は一切、水を飲んではいけない、体調が悪くても部活を休めない、先生、先輩の言うことは絶対服従という世界でした。私は風邪で咳が出ていても部活を休めず、気管支炎になってしまったこともありました。

 しかし今はそういう時代ではありません。8月27日の読売新聞に武藤芳照さんという人の「スポーツ界にも法令順守教育」という投稿がありました。この人はスポーツ・コンプライアンス教育振興機構という組織の代表理事で東京大学の名誉教授です。武藤さんによると、今の「スポコン」とは「スポーツ・コンプライアンス」のことであると言っていました。社会規範にのっとり公正にルールを守り物事を行うことを意味するコンプライアンス、すなわち法令順守の精神が大切であるということです。体罰やしごき、非科学的で理不尽な決まり事などはこれからのスポーツから排除しなければならないと武藤さんは強く主張しています。

 皆さんはこれからの長い人生、スポーツとおして心と体の健康を維持し長生きしていく時代に生きています。今日、お話しした、「スポーツ基本法」の理念を頭に入れてスポーツを楽しんでください。もちろん、自己の技術の向上や心身の成長のためには限界を乗り越えなければいけない時、スポーツ基本法の前文にある「克己心」、すなわち自分自身の欲望や甘えに打ち勝つ精神を養うことも必要であると思います。しかしそれは、あくまでも「自発性の下」であり自分自身が努力し成長しようとする意志を持つことが大切です。このことは、スポーツに限らず、あらゆる場面で必要な姿勢であると私は思います。 

 今日から2学期が始まります。勉強、部活動、学校行事などあらゆる場面で、他者を尊重し、他者と協同し、公正さと規律を尊ぶ態度や、自分の甘えに打ち勝つ精神を培ってほしいと思います。

1学期終業式校長講話

             誰がいい学校にするのか?

 今日で令和元年度1学期が終了します。皆さん、1学期はどうでしたか?満足できる時間を過ごしましたか?目標に向かって努力し、達成感を得ている人もいるでしょうし、そうでない人もいるでしょう。それぞれの成果と課題をしっかり見つめなおし、2学期に向かってください。特に成績で思いどおりにいかなかった人はしっかり反省し、この夏休みに軌道修正をして取り戻してください。また、部活動を引退する3年生諸君は、部活動で学んだこと、経験を活かして、これからの進路実現に邁進してください。

 さて、今日は「誰がいい学校にするか」についてお話します。

  私は校長として1年と4か月、所沢商業高校をいい学校にしたいと願ってやってきました。中学生にとって「是非、行きたい」と思ってもらえる学校、保護者に「是非、行かせたい」と思ってもらえる学校。地元の人たちにも「是非、応援したい。」と思ってもらえる学校になってほしいと思ってやってきました。先生方も同じ気持ちだと思います。皆さんにとっても自分の母校ですから「所商っていい学校だね」と言ってもらえばうれしいと思います。

 それでは、誰が所商をいい学校にすることができるのでしょう。正直言って、校長の力は微力です。私一人では何もできません。先生方も日々がんばっていますが限界があります。もう答えはわかっていると思いますが、所商をいい学校にできるのは、ここにいる697人の生徒です。皆さん一人ひとりです。

 世間から評価される目に見える実績、例えば進路実績、資格取得の実績、また部活動の実績、先生方は後方支援はできますが、実際に実績を作るのはここにいる皆さんです。

 そしてこうした目に見える実績は所商に対する世間の評価にとって大切ですが、それと同じぐらい、いや、もしかしたらそれより大事なことがあります。それは皆さん一人ひとりの振る舞いや人格かもしれません。

  埼玉県の東部に庄和高校という県立高校があります。5月11日の午後、庄和高校の3年生男子4人が東武線の踏切内で、自転車ごと倒れ、動けなくなっている老人をとっさの判断で救いだしました。警報機が鳴り、遮断機が下り始めている中、非常停止ボタンを押して老人を踏切の外に救出しました。その後、春日部警察からこの4人の生徒に感謝状が贈られ、大きく新聞などに報道されました。これを見た県民は、「勇敢で親切な高校生だ。庄和高校はいい教育をしているのだろう。」と学校を高く評価します。

  本校でもこの庄和高校のような新聞に載る話ではありませんが、同じような嬉しいことがありました。先日、ある会合で地元のスクールガードリーダーのボランティアをやっているおじさんに話しかけられました。スクールガードリーダーは、毎朝、小中学生の通学路に立って交通安全を見守る人たちです。そのおじさんは、「先日、所商生とすれちがったところ、その男子生徒は、ポケットに入れていた手を、すっと外に出して丁寧に『おはようございます。』と挨拶してくれました。とても気持ちよかったですよ。所商はいい教育をしていますね。私の孫には是非、所商に行ってほしいですよ。」と言われました。私は校長として、本当に嬉しい気持ちになりました。もしこれが、自転車マナーなどを注意されて「うるせーじじー」などと言っていたら、言われたおじさんは「なんという高校生だ、所商はとんでもない学校だ。うちの孫には絶対、所商には行かせない」となるでしょう。

  学校の評判、評価とはそういうものです。ここにいる697人一人ひとりの振る舞い、言動、人間性が所商の評価を決めてしまうのです。皆さんの振る舞い次第で、「素晴らしい高校生だ。所商はいい教育をしているな。」となるのです。実際に「体験入学」や「学校説明会」のアンケートの結果を見ると、「在校生のお話や態度が大変よかった。とても参考になった。もっと在校生の話を聞きたい」という意見が圧倒的に多いのです。皆さんが所商の評価そのものなのです。

  明日から、約40日の長い夏休みが始まります。是非、所商っていい学校だなーと思ってもらえる振る舞いをしてほしいと思います。

  それでは、9月2日に全員、元気な顔を見せてください。以上です。


6月朝礼校長講話

                夢を諦めないで

 
 1学期の中間考査も終わり、先週からまた平常授業の日々が始まりました。部活動も再開し、これから夏にかけてインターハイ予選などが始まります。3年生にとっては、最後の大会です。是非、納得のいくまで頑張って、青春の輝かしい1ページを作ってほしいと思います。そう言えば、女子バレーボール部が先週の地区予選で勝ち、県大会に出場することが決まりました。10年ぶりだそうです。おめでとうございます。是非、県大会でも頑張ってください。他の部活動も後に続いてほしいと思います。

 さて、話は変わりますが、今週から3者面談が始まります。3者面談では3年生は勿論ですが、1、2年生も将来の話、進路についての話が出ると思います。ですから今日は進路についてお話したいと思います。

 幼い頃、小学校の頃などは、たいてい自分というものがよくわからないまま、夢や憧れだけで自分の将来を想像します。最近の小学生の男子の一番人気は、サッカー選手、女の子はパティシエだそうです。皆さんも小学生の頃は、そんな夢を描いていたことでしょう。私の場合、小学生の頃から海外に興味があったので、将来外交官になって、世界を飛び回りたいなどと思っていました。また、中学生になると「NHKに入ってニューヨーク支局の特派員もいいな。」などとぼんやり思っていました。

  しかし高校生になると、かなり現実的になります。自分の実力、性格、家庭の事情などが冷静に見られるようになります。私も高校生になると「自分には一流の国立大学に進学し、外交官試験にパスできる力なんかないのではないか。」「性格的にマスコミに向いていないのではないか。」そんなことを思い始め、かなり現実的な将来を考えるようになりました。結局、好きな英語の勉強を続けたくて大学は英文科に進み、好きな英語を高校生に教えたいと思うようになり高校の英語の教師になりました。この道で行こうと決心したのは大学2年生の頃でした。勿論その決断には、現実的な家庭の事情もありました。前にお話ししたとおり、私の家は父親の会社が倒産し経済的には苦しく、海外への留学や大学院に進学する余裕などありませんでした。大学に入るころになれば、そういった家庭の現実は当然よく理解できました。

 皆さんも、高校生ですから、自分の実力、性格、家庭の事情などを冷静に見て、かなり現実的な自分の将来像を描いているかもしれません。3年生は特にそうかもしれません。しかし今日、私が皆さんに言いたいのは、もう高校生なのだから将来について現実的になり、夢を諦めろということではありません。むしろ、その逆です。もし皆さんに「大好きなものがあり、それを使って仕事をしたい」というものがあれば、簡単に諦めないでほしいということです。チャレンジしてほしいということです。うまくいかないかもしれません。でも状況が許せばチャレンジしてほしいです。例えば、ダンサー、声優、ミュージシャン、デザイナーなど、才能と運に恵まれた一握りの人しか活躍できない世界では、業界の厳しい現実があり挫折することもあるかもしれません。でも長い人生、そういう挫折も決して無駄にはならないと思います。

  4月24日の埼玉新聞にデザイナーを目指して専門学校に進学した、保坂めぐみさんという人の記事があったので紹介したいと思います。保坂さんはデザイナーを目指して専門学校に進みました。専門学校在学中は、コンクールに何度も入賞するような実力があり有望な学生でした。しかし卒業する時期は不況と重なって、デザイナーの求人がほとんどなく、デザイナーとしての就職は断念したそうです。今は建築関係の仕事をしているそうですが、保坂さんはこう振り返っています。

「デザイナーになれなかったのは残念でしたが、目標に向かって本気で勉強した日々は、無駄だったとは思っていません。実習やコンクールの過程をこなす中で、仕事の進め方がうまくなりました。頑張ってもうまくいかないことも多い。そういう時の我慢のしかたや、他人への頼り方も学べました。そんな経験は今の仕事でも自分を支える軸になっています。」

 この保坂さん言葉を是非、覚えておいてください。目標に向かって本気で取り組んだ経験は、たとえ目標が達成されなくても決して無駄にならないということです。勿論、リスクを背負ってチャレンジをするには周りの人々、特に家族の理解と支援が必要です。今日から始まる3者面談は、そんなことを家族の人々や担任の先生とじっくり話し理解してもらう時間にしてください。

 

0 2 9 9 4 4