学科紹介
 本校は、【国際流通科】【ビジネス会計科】【情報処理科】の3つの学科から成り立っています。
将来の目標を実現するために、自分にとって必要な知識を得ることのできる学科を選び、3年間で専門性を高めていくことができます。
 
国際流通科
~グローバルな視野をもって世界に羽ばたく商業人を育成~
 
 国際流通科では、一般的な商業科目の他に、商業経済検定1級までの範囲を3年間で学習します。科目としては、1年生で「ビジネス基礎」を、2年生で「マーケティング」を、3年生では「ビジネス経済応用」を学習します。「ビジネス基礎」は全学科で学習しますが、「マーケティング」と「ビジネス経済応用」は国際流通科でしか学習しない特徴的な科目です。これらの科目によって、商品が生産され、その商品が消費されるまでの流れ、つまり、どのような経路で商品が流通するか、そして、商品が流通する過程でどのような人たちがそれに関わり、どのような役割をはたしているかなどを学習します。特に、「ビジネス経済応用」では、世界の各国が相互依存度をますます深めつつあるこの時代に必要な基礎知識を学習します。
 
  
 
ビジネス会計科
~経済社会で広く活躍できる会計スペシャリストの育成~
 
 ビジネス会計科では、商業科目の中でも特に簿記・会計について学習をしていきます。
簿記・会計については、1年生では全商簿記2級合格を目指して学習をします。2年生では、全商簿記会計1級・全商簿記原価計算1級の合格を目指して学習をしていきます。3年生では日商簿記検定2級合格を目指して勉強を進めていきます。簿記・会計を学ぶことで、企業の経営活動について詳しく把握することが出来ます。実際に企業に勤める中で生かせる力を身につけることができます。
 
  
 
情報処理科
~情報化社会をリードするlTのエキスパートを育成~
 
 情報処理科では、最新の情報機器を使って行う実践的な学習を通じ、自ら学ぶ意欲と問題解決能力を高めます。また、コンピュータの役割・機能やその利用に関する知識・技術を学び、高度情報化社会に対応できる人材を育成します。情報処理科の特徴的な科目として「情報処理」「ビジネス情報」「電子商取引」「プログラミング」などの科目があり全商情報処理検定(ビジネス情報部門・プログラミング部門)1級の取得を目標に、表計算ソフトウェアやデータベースソフトウェアの利用方法およびプログラム言語の学習を行います。
 
  
 
 
 
 

あなたはどのプロフェッショナルを目指しますか?

 国際流通ビジネス会計情報処理